これからの住まいは「レジリエンス住宅」

2022.11.09 Wed

こんにちは。設計室の望月です。
秋ですね。食欲の秋。読書の秋。様々な秋がありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はスポーツの秋を目指しましたが、長続きしませんでした。笑
 
先日の大雨で静岡県清水区は断水で1週間ほど生活水が使えませんでした。
私の実家が清水区でして…。生活水の大切さを改めて感じた出来事でした。
 
最近、深刻な被害をもたらす水害や土砂災害。猛暑や豪雨。生命にかかわるほどの危険なレベルになっています。大震災もいつ来るかわかりません。
災害への「耐久力」や災害後に自立した生活ができる「災害対応力」が必要になってきます。
 
今、災害に強い「レジリエンス住宅」に注目が集まっています!!
 

「レジリエンス住宅」とは

認知度は高くありませんが、近年の気候変動に伴い、にわかに注目始めた住宅用語です。
レジリエンスは復元力・耐久力・再起力といった意味があり、自然災害に対する「強靭さや回復力」といった意味があります。
レジリエンス住宅とは、「災害に対して優れた防災力や耐久力。災害後の対応力を持つ住宅」のことを表します。
 

 

「レジリエンス住宅に求められる技術や性能」

災害時に住宅に求められる性能は、「倒壊しないこと、二次災害を防ぐこと、安全に避難できること」があげられます。
人命を守るための高い耐久性や防災性はもちろんですが、非常食の完備や防災グッズの備蓄や収納計画も必要になります。
太陽光やエネファーム・蓄電池といったアイテムを設置することで、非常時の不安を解消してくれます。
 

「災害時にも強い、無垢スタイルの家」

無垢スタイルが新築でご提案している住宅は、災害時にも強い無垢な家です。

  • 間取り提案時から検討している「耐震性の高い家」
  • 二次災害を防ぐ「制振装置」を設置
  • 非常時にとても助かる「太陽光発電や蓄電池」
  • 備蓄等も考慮した「収納計画」
  • 高齢者や幼児連れでも避難しやすい「段差の少ない家」etc

レジリエンス住宅は、災害時に対して高い耐久性や対応力を持っています。
無垢スタイルでは様々な観点から家づくりのご提案をしています。
是非一度、展示場に足を運んでいただき、無垢スタイルの家づくりをご体感していただければと思います。
 
 

無垢スタイルの体感型ショールーム

『住まいの体感モール』は、理想の暮らしを体感して学べるショールームです。
「耐震」「温熱環境」「住宅設備機器」「間取り・生活導線」「バリアフリー」など住宅における重要素を体感してみませんか?
無垢スタイルの『住まいの体感モール』はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家の性能のお話の最新記事

2022.10.21

ARCHIVE